経験295:HUWAI MATE10 lite レビュー! 手が届く値段の5.9インチ 18:9の縦長ディスプレイスマホ!

 約3年近くぶりにスマホを買い換えました!今回購入したのは、「HUWAI MATE10 lite」です。

 お手頃価格で5.9インチの18:9の縦長ディスプレイを搭載している点が特徴の1つです。

 日本ではまだ珍しいサイズです。

良かったら下のボタンをポチッとお願いします!

人気ブログランキング
 日本ではまだ珍しいサイズです。

 買い換える前のスマホは富士通製の「ARROWS NX F-02G」という当時のハイスペックスマホでした。

 3年近く使っていて、ボロボロです・・
 ・指紋センサーの感度が超悪い
 ・指紋センサー部がめちゃくちゃ熱くなる
 ・購入当初はそうでもありませんでしたが、最近は表示がめちゃくちゃ遅かった
 ・頻繁にフリーズ・再起動
 ・側面のカードスロットのカバーがちぎれまくる
 ・WIFIを拾えないことが多い
 ・カメラの起動がめちゃくちゃ遅い

 ・・などなど、原因の詳細は分かりませんがものすごくイライラしていました。 



 F-02Gはデザインやスペックがものすごく一目ぼれで購入して、今でもそのデザインや重厚感は好みです。
 
 でも、やはりスマホの進化は早くて見劣りもしてきました。そして、ハイスペックとは思えない程の使い心地・・・当時はドコモで端末代9万円以上だったことを考えると、「損したな・・」と感じています。

 今回、MATE10liteを選んだ理由は、
 ・値段が4万円前半(税抜き)でお手頃
 ・大画面。現時点では珍しい18:9ディスプレイ搭載

 
 (ゲームはしないが、ネットはいっぱいする)
 
 の2点が大きなポイントでした。

 本当は型落ちのMATE9を購入予定だったのですが、MATE10発売後価格が落ちず、このMATE10liteが発表されたので、こちらを選びました。




 MATE9の方がスペック的にまだまだ上なのですが、値段と縦長ディスプレイが決め手になりました。

 最後まで悩んだ点としては、
 ・CPUの性能がミドルハイクラス
 ・バッテリー容量がMATE9より少ない
 ・WIFI 5GHzが拾えない

 という点でした。でも、実機が届いて触ってみると、これで満足!という気分になりました。

 では、早速その実機を紹介します。

 梱包箱は、縦長、細長です。外装の質感はすばらしいです。


 箱の背面にはテープが貼っていて、組み立て後は誰も開けていないぞ!感を感じます。



 箱を開けると、なるほど、こういう風に本体が入っているんだと思いました。小箱が2つに、本体が縦にして入っています。 



 本体は、キズが付かないようにラミネートでクルッと巻かれています。カードスロットのフタを開けるピンが付属しているのが見えます。カードを取り出すのが面倒ですね!
 



 最近のHUWAIにはお決まりの「本体カバー付き」です。もちろん液晶画面にも最初からフィルムが貼られています。(画面保護のためですが、そのまま使えるレベルです)




 今回、カバーを別に購入中なので、それが届くまでの間本体を保護できるのでありがたいです。

 カバー背面は少し曇りデザインで、固いハード素材です。本体にガッチリはまります。取り外しがちょっと固いですが、ピッタリです。

 


 付属品は、その他、取説・USBケーブル・電源アダプター・イヤホンです。シンプルです。

 これらの入っている小箱は、厚みが薄くて、安っぽいです。コストを削っているなと感じます。
 

 本体を手に持ってみた最初の感想は、「小さい」と思いました。画面が5.9インチもあるのに、5.2インチのARROWSとほとんど変わらないからです。

 


 自分は身長177センチの成人男性です。本体の幅サイズがARROWSと変わらなく、厚みが薄くなっているので持ちやすいです。  



 画面が縦に長いため、片手だと画面の上の方は操作が難しそうです。

 この機種のもう1つの特徴、イン・アウトカメラ両方ともダブルレンズが目を引きます。 
 

 自分はカメラをそれほど重視していないですが、良い特徴ですね!まだカメラ撮影していないので、楽しみです。



 今回ブラックカラーを選びましたが、本体の質感はクールなメタルです。ツルツルではなく、若干のマットさを感じます。なので指紋とかは付きやすい感じがします。

 電源を入れてみて感じたのは、やはり画面が綺麗なこと。AROOWSよりも画素数が少ないのですが、全然気にならないくらい綺麗です。

 最初は「小さい」と感じていたのですが、画面をつけると「大きい」と感じるようになりました。画面の占有率が高いからだと思いますが、不思議です。




 そして、指紋センサーの反応の速さに驚きすぎました。。「こんなに早いんだ・・」と少し怖いくらいです。
 
 とりあえず、最初の初期設定がすんだところです。また日常生活の実使用レビューしたいと思います! 


ブログ村に参加しています。
良かったら下をポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

経験294:クリスマス目前!家のクリスマスグッズ紹介!お家を飾って楽しみましょう!

[経験] ブログ村キーワード
 今年もクリスマスの時期がやってきました。しばらくクリスマスに無関心な時期もありましたが、子供ができたことでクリスマスへの関心がまた高まりました!

 子どもや家族のために部屋を飾ることがありますが、家では子供の誕生日とクリスマスの年3回がその日にあたります。

 ただ、誕生日とは違ってクリスマスは「さりげない演出」です。でも年々グッズは充実していければと思っています。

 早速、今年のクリスマスグッズを紹介します。まずは、ド定番「クリスマスツリー」!

 トイザらスで購入した高さ150㎝のツリーです。なんの特徴もない安いものです!電飾もLEDではありませんし、ツリーも飾りも”オシャレ路線”ではなく、”THE オモチャ屋 の飾り” というものです。 



 但し、ツリーを置くだけで部屋が一気にクリスマスになります!さすがのアイテムです!大きさの参考は、写真の通り。やはりちょっと場所を取ってしまうほどの大きさです。


良かったら下のボタンをポチッとお願いします!


 安物を購入したので、ツリーに引っかける飾りが若干チープです。キラキラしたものが触ると床にパラパラと落ちます・・・ツリー選びも慎重にしましょう!


(色々なツリーの紹介)

(90cmでも存在感抜群!)


(オーナメントは自分で選びたい方に!)


(なんだか大人な感じのツリーです!)


(高級ですが、スタイリッシュで豪華!)


(安くて良い価格です!装飾が可愛い!)



 
 次は玄関に入った時にすぐに目に付く小さな小物たち。ツリーとクリスマス列車!どちらも300均ショップで購入!ツリーがぶよぶよしていて触り心地が面白い!そして、白い雪の飾りがポロポロ落ちるかと思いきや、全然落ちない!素晴らしい!

 玄関に入るとクリスマス気分になれます!ぜひ!



(赤い列車もクリスマスぽくてGOOD!)

(さりげなくクリスマスを演出!)


(サンタさんがお出迎え!)


(ミニツリーもかわいい!)


(イルミネーションでオシャレに!)



 お次は自分のお気に入り!激安光るサンタさん!

 ニトリで購入したのですが、確か900円くらいだったと思います。外に飾ることができる大きなサンタさんで、うちではベランダに飾っています。



 夜になると結構な存在感で、しかも可愛い。サンタさんがお家に来てくれた感を感じれます。



 光る色は電球色ですが、光るパターンを数種類選べます。点滅間隔のみですが・・・



 子供が駐車場でサンタを発見すると、喜んでくれますし、ご近所様も楽しんでもらえそうです。

 電源コードも5m近くあって、配置には困らないと思います。家はベランダにはコンセントが無いので、部屋の中からコードを引っ張っています。なので、コードをベランダのドアに挟み込むことになります。

 いずれコードが断線してしまう時がくると思いますが・・値段が1000円以下の商品なので、その時はその時!と割り切っています。



 自分の家にサンタさんが釣り下がっていると、結構テンションあがりますよ!おススメです!




(三人サンタはやや高いですが明るくてよく目立ちます!)




(LEDでサンタごとライトアップ!綺麗そうです!)



 最後は、ツリーに続く定番アイテム「リース」です!玄関に吊り下げていると家がクリスマス!と言う感じに!帰宅してドアの前に立つと大人ながら少しワクワクしてしまいます。



 ちなみにウチはリースを強力磁石のフックで引っかけています。盗まれたりして・・・12月の初めからクリスマスまでは飾っておきます!

(リーズナブルの定番デザイン!)




(シックで大人な雰囲気のリース!)



(定番デザインながらどこか豪華な雰囲気を!)




 クリスマスを子供たちは幼稚園で学んでくると思います。楽しい1日を過ごしたいですね!


ブログ村に参加しています。
良かったら下をポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

注目の投稿

経験283:部屋にポスターを飾ると雰囲気が変わる!おススメ!

[経験] ブログ村キーワード  うちのリビングにはカウンターデスクがあります。主にパソコン作業をするため、ゆくゆくは子供をここで勉強させようという気もあります。  カウンターデスクの壁は灰色でシック!なのですが、何か物足りない・・・と思っていました。  そこで、IKE...